« サービスレビュー | メイン

2008年12月31日

iPod touchで十分

2008年は、iPhoneが日本上陸ということで騒がれた年でしたが、個人的にハマっていたのが、その弟分とも言うべきiPod touchでした。iPhoneとの機能的な差異は、電話とGPSとカメラ機能だけなのですが、PDAやコンテンツビューアーとしての完成度は変わらず素晴らしく、煩わしい契約や月々の負担なしで手に入る、革命的な一品です。

どうもiPodという名前が名前だけに、忘れられた存在というか、過小評価をされてしまっていないでしょうか? 数ヶ月前にWindows Mobile機を売り払い、iPod touchをAmazonで購入、こんな箱で届きました。今更ながら少々レビューしたいと思います。

iPod touchの箱

まずはPDAとして、必要なアプリケーションが揃っているのは言わずもがな。標準のアプリケーションでも十分な機能を有していますが、なんと言っても世界中のデベロッパーが注目しているデバイスで、役に立つアプリケーションから意味不明なアプリケーションまで次々とリリースしています。開発言語や、配布形態にやや難がありますが、しばらくこの流れは止まらないでしょう。

いかに数々の制約の元、操作を最小化するかというPDAの永遠の課題に対して、タッチスクリーンと指先の操作UIという、iPod touch/iPhoneの回答は非常に優秀でした。その回答を端的に要約すれば、「モード」という概念を取っ払ってしまったということです。

例えばピンチ、フリックという操作という指先の操作だけで、スクロールモードと、拡大・縮小モードの切り替えをシームレスに行うことができます。そこにボタンのON/OFFやメニュー表示は必要ありません。

関連して、これはAppleの思想から来ているのか、そもそもPDAの割にはボタンが少なかったり、メニューや操作項目自体も少なめです。かといって機能が足りないとは感じず、心地よい割り切り感を感じます。

このためMac同様、iPod touchは初心者にもかなり使いやすいのではないでしょうか。例えばWindowsのメタファーを知らない人が、いきなりWindows Mobileを使ってみるというのは困難です。誰でも使える、余計なボタンがないという利点を活かして、観光地などでiPod touchをレンタルして、観光客のガイドビューアーとして使うなど、様々な可能性が生まれてくると覆います

あとPDAとして、本当に細かい部分で「良くできているなぁ」と思わざるを得ません。例えばキーボード周りだと、名前を英語で入力する欄には、最初の名前の文字と、半角スペース後の名字の文字は自動的に大文字にしてくれたり、アドレス入力欄で「.」を打った後に「.com」ボタンを押しても、「..com」にならずに自動修正しれくれます。

他にも動画や音楽再生中にイヤホンがはずれてしまっても、一時停止になってスピーカーから音を出さずに済むような配慮もされているのもいいですね。

さて、コンテンツビューアーとしても文句はありません。

ドキュメントビューアとしてサクサクとPDFを見ることができ、その様子を見せると快適性に誰もが驚きます。速度面で快適というのもありますが、なんと言ってもペンを持ってスクロールバーをいじったり、十字キーをぽちぽち押さなくても良いという操作性でしょう。ただ、なぜかメールなどの普通の文章の描画がやや遅いのが気になりますが。

大きい画面なので、写真ビューアーとしても大活躍します。写真を撮るのが好きな人は、他の人に写真を見せるというのが大きな楽しみになっているかと思います。そんな時に、気軽にいつでも他の人に写真のストックを見せられたら嬉しいですよね。

PC側との連携方法は、フォルダごと指定する方法と、iPhotoとシンクする方法がありますが、写真の並べ替えが気軽にできるため、やはり後者の方が遥かに使いやすく、Macを買わせるインセンティブの一つになります。

バッテリーの持ちをそこまで気にしなければ、動画ビューアとしても活躍します。あらかじめMP4に変換した動画はもちろん、youtube動画を隙間時間に見ています。最初はあまり使わないだろうと思っていても、意外とイケます。


とまぁ、いろいろと並べてみましたがiPhoneを買わなくても、これだけ楽しめます。オフライン環境を前提とした使い方ですが、無線LAN環境だけでもできる強力な機能を備えており、個人的にはビジネスユースでも通用し、いろいろなソリューションが生まれてくると思います。もう一度言いますが、iPodという名前にだまされてはいけません...。

欲を言えば、オフライン用途で割り切るのであれば、iPodをPCと接続した時のように、無線LAN環境に入ったら複数のアプリケーションデータを一斉に同期できる機能があればと思いました。現状、一つ一つアプリケーションを起動して、それぞれの同期ボタンを押さなければなりません。iPhoneだったらいつでも同期できるのでしょうけど。

また、iPod touchがiPhoneくらいの厚みを持ってもいいので、バッテリーをもう少し持続させて欲しいと思います。そういう意味では、まだ全面的にiPhoneに移行する勇気はありません。フルブラウザは携帯で使ってますし、音楽に関してはいまだにiPod nanoと併用しています。音楽を入れなければiPod touchは8Gで十分です。

Apple iPod touch 8GB
Apple iPod touch 8GB
posted with amazlet at 08.12.30
アップル (2008-09-10)
売り上げランキング: 83
おすすめ度の平均: 4.5
4 PDA としての評価
5 値段以上の価値でした。
5 iPodよりはるかに買い!

2008年4月19日

MacBook Pro ~いよいよスイッチできそうな理由~

会社用のPCをMacに変えた。厳密にはまだ全て移行していないが、今回はいよいよSwitchできそうだ。

時期を分けて3台ほどMacを所有したことがあったが、どれも「遅い」「使いづらい」という理由で、メインマシンにはなりえない、と感じていたが、時代は変わり、Macも変わった。

■Macが速くなった

Intelマックの登場により、実際の処理速度も、スピード感(これ重要)も十分。

■Macが安くなった

MacBook Proなど、ハイエンドのノートPCでもかなり安くなった。

■Macが使いやすくなった

個人的にノートPCで一番重要なのはスクロールパッドだと思う。

まず標準でスクロール対応になった上、何よりスクロールパッド単体で右クリックに対応したということが大きい。これらはWindowsノートPCに慣れた人にとっては、外せない要素のはず。

ちなみにスクロールは二本指で上下左右になぞり、右クリックは二本指をパッド触れた状態でボタンをクリックすればOK。後者は慣れれば特に問題ない。

■Windowsが使えるようになった

VirtualPCのような保険用としてではなく、VMWare Fusionなどにより一つの武器としてWindowsを使えるようになった。

■使用しているソフトウェアが変わった

いつも使うブラウザがSleipnirからFireFoxになり、開発環境もEclipseになった。また個人的にはさほど依存していないが、ウェブアプリケーションが増えたのも大きい。

■ThinkPad Tシリーズに魅力がなくなった

ドッグも捨てがたいが、明らかに今のラインナップは魅力なくなった。

というわけで、今までにインストールしたリスト。随時更新します。

---
FireFox
 All-in-One Sidebar
 Autocomplete manager
 Cache Viewer
 Color Zilla
 Firebug
 Fission
 Greasemonkey
  SBM Count With Google
  その他自作スクリプト
 Live HTTP Headers
 Measure It
 PDF Download
 Pearl Crescent Page Saver Basic
 Selenium IDE
 SeoQuake
 Tab in Textarea
 Tab Mix Plus
 Tab URL Coopier
 Tab Menu
 User Agent Switcher

Remote Desktop Connection
Skype
Cyberduck
FreeMind
MySQL GUI Tools
google Earth
Flip4Mac
Real Player (もはやSFC GC用か?)
Opera
MSNMessenger
VMWareFusion
 Windows XP Proffesional SP2
  Windows Update(追加選択合わせると100個以上!)
  Blocker Toolkit
  Cute PDF Writer
  .Net Framework Version 2.0
  Mail Distributer
 Windows Vista Home Basic SP1

LabTick
Caffeine
pgAdmin
eclipse(PDT All-in-One)
 Pleiades(本体のみ)
Jude Community Edition
Transmission
dropbox
growl
ssfhs
MacFuse
avc1Decoder
DropUnLHa