« ランチブログ「偏食偏在」をリリース | メイン | ジオコーディングに過度に期待していた件 »

2009年1月20日

効率的にMTのテンプレートコーディングを行う

ランチブログ:偏食偏在はいつもの通りMTで構築したのですが、ビュー部分のコーディングでは、こちらの便利なプラグインを利用しました。

MTのテンプレート開発で再構築を不要にするfastDevelopmentプラグイン:to-R

MTのテンプレートコーディングで何が嫌かと言えば、あのもっさりとした管理画面です。特にバージョン4になって酷くなりました。しかも特定の箇所を継続して修正したい際、変更ボタン押下後に画面が再描画されるため、テキストフィールドのカーソルを再度該当する箇所に合わせる必要があります。これでは全く「コーディング→確認」のリズムがつかめません。

管理画面を回避する方法としては、ファイルリンクを利用して外部エディタで編集する方法がありますが、ファイルが更新されたことをMTが検知する必要があるため、確認のたびに再構築作業が必要です(ダイナミックパブリッシングの場合は管理画面上での何らかの操作でOK?)。

こちらのプラグインは、ダイナミックパブリッシング利用下において、ファイルシステムのテンプレートファイルの変更を、すぐに画面に反映・確認できるようにするものです。仕組みとしてはブートストラッパー(mtview.php)の処理をフックして、表示毎に古いテンプレートのキャッシュを破棄することにより、毎回新しい内容をファイルからロードして解釈(MT→Smarty→PHP[→キャッシュ])させ、実行・表示させているのかと思います。ていうか、こんなフックができるなんて知りませんでした。素晴らしい。

とは言え、わざわざローカルで編集したファイルをSFTPでチマチマとアップロードする作業もアホくさいので、Eclipseで編集+アップロード→という流れか、ssfhsでサーバをマウントしてしまい、エディタで編集+直接保存という流れがメインになりそうです。

さてさて、特にカスタムフィードの普及以降、MTはブログツールではなくCMSであるという考えがようやく認知されはじめ、SixApartのwebでも事例として紹介されていますが、最近の個人的にはもう少しプリミティブな機能で見ており、「MT = 標準的に設計されたDBスキーマ + カスタマイズ可能な管理画面セット + インターフェイス(Atom or XML-RPC)」である、という認識を持ちながらいろいろと活用を考えています。そんな話はまた追々。