« integer世代最後の赤ちゃん | メイン | PHPで特定の文字より前にある文字列を得る »

2008年1月29日

CakePHPの単数形→複数形の処理はしっかりしていた

CakePHPを触る機会があったのだが、始めに疑問に思ったのが単数形→複数形の処理。Rails系のフレームワークに初めて触るので、見当がつかない。サンプルを見ても案の定「Users」「Items」「Messages」とか都合がよろしい単語しか書いてない。

例えば、「inquiry」など子音+yで終わる単語はyをiに置き換えてesとなり、「inquiries」となるはずだが、googleで「CakePHP 複数形 "ry" "ies"」と調べても出てこない。まさか「Inqurys」??

とりあえず書いてみるべ、ということで「InquiresController」というコントローラ作って、「Inquiry」というモデルを作ったら、ちゃんと動いた。公式マニュアルにも「大丈夫だぜ」と書いてあった。

4.5. (任意) カスタム Inflections 設定

イレギュラーなものや、多言語で英語の規則にないものも定義できるようだ。ふーん。

↓リファレンスとしておすすめ

CakePHP ポケットリファレンス (Pocket Reference)
株式会社ブルーオーシャン 岡田 佳典
技術評論社
売り上げランキング: 11515
おすすめ度の平均: 4.5
5 いい感じです。
4 cakePHPの時には是非
5 いま発売されているcake系書籍で一番良いです