« 2008年4月 | メイン | 2008年8月 »

2008年6月30日

カスタマイズ可能なSNS/CGM/CMSパッケージが5万円から

これ、SNS/CGMパッケージ持っている所には、結構痛い話なんじゃないかなぁ。

SixApart : シックス・アパートが、Movable Typeにコミュニティ・ソリューションを無償でバンドル
コミュニティ・ソリューション ドキュメント

要するにCMSだけではなく、SNS/CGMパッケージも5万円から手に入るということ。しかもカスタマイズ簡単。既存のオープンソースのパッケージをカスタマイズするより、遙かに安い工数でコミュニティサイトができちゃいそう(登録ユーザ数とライセンスユーザ数は同じなのか、という疑問は残るものの)。

今までパッケージを持てなかったWeb屋さんにとっては、提案できる武器が増えるという意味でいい話だと思う。今更SNS案件があるかどうかは別として、頭を使えばいろんなことができそう。

---
2008年8月4日追記

SixApart : Movable Type 4.2 リリース延期のお知らせ によれば、ユーザの他にプロフィールという概念を導入するようですね。

2008年6月15日

googleドキュメントでお手軽携帯営業支援ツール

googleドキュメントのスプレッドシートにフォーム機能が加わったのはご存じかと思いますが、これを使って結構面白いものができるのではないかと思います。

各ブログなどで「アンケート機能」と紹介され、先入観ができてしまいがちですが「フォームというIF+表としてのDB」と分けて捕らえる必要があると思います。

ある日、営業A君が営業先を周り終え、オフィスに帰ってメモしたことをPCに打ち直していました。メモの項目は既に定型化されていたために、これを出先で携帯から入力できれば、紙とペンを持ち歩く必要がない他、社に帰って再度入力する必要はないなと感じました。

試しにgoogleドキュメントのスプレッドシートでフォームを作成し、携帯からフォームを見て入力してみると、問題なく動きます。携帯から入力された内容は、スプレッドシートにどんどん蓄積されていきます。

これは便利です。まず携帯からも入力できる点、そして誰でも簡単にフォームを作れるという点です。営業A君はその後、ほんの数分で別のフォームを定義し、他の営業関係の仕事に使い出しました。googleドキュメントが、お手軽な携帯営業支援ツールになった瞬間です。他のサービス(CGIを含む)では、なかなかこのようには行かないと思います。

そして便利なことがもう1点。このスプレッドシートを共有・通知するプラットフォームが既に用意されているということです。例えば、上司と共有する、HTMLとして出力し社内で共有する、などの使い方も考えられます。

ただ欠点もあります。フォームがSSLに対応していないという点と、Docomo端末でフォームが見づらいということです。自分のSH905iではヘッダ内のスタイルシートがそのまま画面上部に表示されてしまいました。A君のSoftbank端末では問題ありませんでした。また、アンケート機能として致命的なのがバリデーションを設定できないことでしょうか...こちらは今後の開発に期待したいものです。