2011年3月24日

トゥルースリーパー、いいですよ

「トゥルースリーパー・プレミアム」を購入しました。

結論:これは買ってよかった...。

■背景

自分の睡眠について、
・いくら寝ても疲れが取れない
・そもそも寝ている状態が「疲れる」
・起きると肩と腰が痛い
という悩みを以前から抱えていました。

トゥルースリーパーは、以前からTVショッピングで「これいいかも」と気になっていて、ちょうど良い機会にキャンペーンをやっていたので、買ってみました。

■到着・開封

箱を空けると、商品はロール状になって収まっていました。床に拡げて、自然に元の形状になるのを待ちます(半日くらいかかります)。

他の人のブログなどを見て知ってはいたものの、商品のシンナー臭は想像以上に酷いものでした。鼻と喉をつんざくような臭いで、相当相性が悪いのか、換気をしても喉を痛めて、鼻水がずるずると出てくる状ような状態でした。

■使用方法

通常のベッドマットの上に、専用のカバーをしたトゥルースリーパーを載せるだけです。

■使用感

仰向けで寝てみると、謳い文句通り、体全体を包み込んでくれるため、腰回りがかなり楽です。横向きでも、腕や体に負担を感じなくなくなります。

「違い」は一晩で気づきました。朝の寝起きが格段に違います。以前に比べてスッと起きられるようになりました。また、昼間に眠くなりにくいのです。睡眠の質が違うのでしょう。

既に一ヶ月ほど使用しましたが、おかげで心地よく眠ることができていて、もはや一生(?)手放せないモノとなりました。

■分からない点

しばらく使用しても、まだよく分からないことはあります。

・夏はどうなのか?

→体を包み込むような形状のため、寝ている時に蒸し暑くならないかというのは気になります。「プレミアム」では改善されたらしいですが、どの程度のものか気になります。
・マットの耐久性はどうなのか?

→果たして何年使える商品かはイマイチよく分かっていません...。

■マイナスな点

使用して一ヶ月が経ちますが、まだシンナー臭が完全に取れていません。
ここはちょっとマイナスですね。

---

という感じでトゥルースリーパーを紹介してみました。

2011年1月12日

Facebook「シェアする」のサムネイル画像のキャッシュをクリアする方法

」に、Facebookの「シェアする」ボタンを設置してみた時、困ったことがありました。どうも「シェアする」ボタンが一度押されると、対象URLのサムネイル画像がずっとキャッシュされてしまう、という問題があるようです。

facebook シェアする

解決策を調べてみると、以下の方法があることがわかりました。

(1)シェアされるURLを変更する
(2)Facebook公式の
URLリンターを使う

(1) たとえば、URLの後ろに、「?v=1」「?v=2」など、URLルーティングに影響のない範囲で任意のパラメータを付与して、都度違うURLを登録させる方法です。クーポン共同購入サイトなど、ずっと同じURLだけどコンテンツが頻繁に変わる、という場合に有効かと思います。

(2) については、以下ページを参考にしました。

FBMHell.com : Breaking Facebook's Cache

どうやらこのツールでキャッシュがクリアされるのは、副次的なものらしいですね。

ところでこのツール、知らなかったのですが、どのようにFacebookにシェアされるかがデバッグできるので、とても便利です。

ちなみに最近では、Facebookに掲載される「フィード」をいかに最適化するか考えることは当たり前のようです。確かに、どうでもいいサムネイル画像よりは、よりキャッチーな画像を指定すると、より多くのユーザの目に止まりやすくなります。

facebook シェアする

「この駅クーポン」をリリース

「この駅クーポン」というサービスをリリースしました。クーポン共同購入サイトから、自分が登録した駅近くのクーポン情報をメールで届けてくれるサービスです。

■この駅クーポン
http://konoeki.jp/coupon/

昨年から、「クーポン共同購入サイト(いわゆる、グルーポン系)」というものが沢山登場しましたが、ユーザからしてみると、

・実際に自分の行ける範囲のお店の情報はごくわずか
・サイト多すぎて、お得情報を逃してしまうことがある

という問題がありました。

一方で、同じようにたくさん生まれたクーポン共同購入サイトのまとめサイトは、

・都道府県単位でしかクーポン情報の絞り込みができない
・地図を操作しないと近くの情報を閲覧できない
・適切なキーワードを指定しないとアラートメールが届かない

という制約がありました。

この駅クーポンは、これらの問題を解決し、ユーザのお得情報収集のお手伝いをしてくれます。

またサイトを利用するユーザだけでなく、クーポン共同購入サイト、掲載しているお店にも、メリットをもたらすことができると考えています。

■クーポン共同購入サイトのメリット

◎「あなただけのためのメール」が届くことによって、クーポン情報がユーザの目にとまりやすい

かつてクーポン共同購入サイトは、都道府県単位でクーポンを発売していました。クーポン共同購入サイトの基本はメールマーケティングだと言われていますが、ユーザからしてみると、「自分に関係のないお店の情報ばかり届くプッシュメール」ばかり届くわけで、だんだんと飽きられてしまうという問題がありました。

一方で、現在(特に資金力があるところ)のクーポン共同購入サイトは、恵比寿・広尾エリア、銀座エリアのように、エリア単位でクーポンを発売しています。

一見良さそうな解決策に見えるのですが、小さいエリアに絞れば絞るほどユーザへのリーチが減っていきます。またユーザからしてみれば、このエリア「だけで」生活している人はまれで、複数のエリアについて気を払わなければならない、という面倒なことになっていたわけです。

◎他のクーポン共同購入サイトの顧客リストを使って商売ができる

クーポン共同購入サイト成功の秘訣は、営業・企画力とかではなく、「クーポン情報を目にする顧客をどれだけ増やせるか」につきると思います。なんとかマーケティングとかいろいろやっても、小さいサイト運営事業者が顧客プールを拡げることにやがて限界はきます。

この駅クーポンに登録する人は、いずれかのクーポン共同購入サイトを使ったことのある確度の高い見込み客がほとんどになるかと思います。そのような人に向けて、自分のところのクーポン情報を露出できるのは大きなメリットかと思います。ユーザからしてみれば、安ければどのサイトが販売しているかなんて気になりません。

■お店側のメリット

◎クーポンの販売数を増やせる

「クーポン共同購入サイトのメリット」でも述べましたが、単純にクーポンの注目度が上がれば、売り上げも伸びることでしょう(笑)。

---

今後の予定ですが、まずはクーポン共同購入サイトをよく使う人をターゲットにサービスの認知を広めた後、徐々にそれ以外の層にもサービスを使って貰えるようにしていきたいと考えています。

また、「人と駅とのインタレストグラフ」という意味では結構面白そうなことができそうで、今後「この駅.jp」サービスのシリーズ化を視野に入れたいと思います。

2009年9月26日

Services_Twitterで投稿が文字化けする

注意:version0.30です。

twitter関連のPEARライブラリ「Services_Twitter(作者が日本人じゃない方)」を使って、twitterに投稿すると文字化けする。ハマったので、メモ。


Twitter.phpの566行目付近の

if ($pType == 'string' && !$this->isUnicode($arg)) {
  // iso-8859-1 string that we must convert to unicode
  $arg = utf8_encode($arg);
}

utf8_encodeの処理をしている行をコメントアウトすればOK。

コメントの通り、元の文字コードがiso-8859-1であるという、豪快な決めうちっぷり。。

2009年3月15日

さくらのレンタルサーバにGeoIPを入れる

IPアドレスから所在地が分かるという「GeoIP」。下記の記事を参考に、さくらのサーバでもインストールできるか試してみた。例によってbashを想定。

121. IPアドレスから所在地探し

GeoIPライブラリ


$wget http://www.maxmind.com/download/geoip/api/c/GeoIP.tar.gz
$tar zxvf GeoIP.tar.gz
$cd GeoIP.tar.gz
$./configure --prefix=$HOME/local
$make
$make install

GeoIPデータ
参考ページにあるURLがそのまま使えなかったので、適宜変更。

$wget http://geolite.maxmind.com/download/geoip/database/GeoLiteCountry/GeoIP.dat.gz
$gunzip GeoIP.dat.gz
$cp GeoIP.dat.gz ~/local/share/GeoIP

$wget http://geolite.maxmind.com/download/geoip/database/GeoLiteCity.dat.gz
$gunzip GeoLiteCity.dat.gz
$cp GeoLiteCity.dat.gz ~/local/share/GeoIP/GeoIPCity.dat

Peclモジュール
一度ダウンロードしてコンパイル。余計なconfigureオプションがあるかも。

$export PHP_AUTOCONF=autoconf259
$export PHP_AUTOHEADER=autoheader259.

$pecl download geoip
$tar zxvf geoip-1.0.7
$cd geoip-1.0.7
$phpize
$./configure --prefix=$HOME/local --exec-prefix=$HOME/local --with-php-config=$HOME/local/bin/php-config --with-geoip=$HOME/local
$make
$make install

設定
php.iniにモジュールを設定。

extension_dir="/home/xxxxxx/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/"
extension="geoip.so"

テスト

var_dump(geoip_record_by_name('whitehouse.gov')); 
array
  'continent_code' => string 'AS' (length=2)
  'country_code' => string 'SG' (length=2)
  'country_code3' => string 'SGP' (length=3)
  'country_name' => string 'Singapore' (length=9)
  'region' => string '' (length=0)
  'city' => string '' (length=0)
  'postal_code' => string '' (length=0)
  'latitude' => float 1.366700053215
  'longitude' => float 103.80000305176
  'dma_code' => int 0
  'area_code' => int 0

シンガポール? MaxMind社のOnline Demoと結果が違うが、エラーログは吐いてない...。

var_dump(geoip_record_by_name($_SERVER['REMOTE_ADDR'])); 
array
  'continent_code' => string 'AS' (length=2)
  'country_code' => string 'JP' (length=2)
  'country_code3' => string 'JPN' (length=3)
  'country_name' => string 'Japan' (length=5)
  'region' => string '40' (length=2)
  'city' => string 'Tokyo' (length=5)
  'postal_code' => string '' (length=0)
  'latitude' => float 35.685001373291
  'longitude' => float 139.75140380859
  'dma_code' => int 0
  'area_code' => int 0

とりあえず都道府県まで。緯度経度は皇居と出た...。